診療時間 日祝
11:00-20:00 - -

火曜日・木曜日は11:00~18:00
休診日:土曜日、日曜日、祝日

ニキビ

ニキビとは何でしょうか?

ニキビ

ニキビとは、毛穴にある脂腺という皮脂が作られる場所に皮脂がたまり毛穴で渋滞を起している状態のことをいいます。詰まり方の状態によって見た目も治療法も少しずつ違いますが、どの種類のニキビの原因も毛穴の詰まりですので、そこを解決していかないと症状を繰り返したり、ニキビ跡になってしまいます。10歳前後から男女ともニキビを発症して30歳前後までによく見られる皮膚トラブルです。

ニキビの原因は?

ニキビの原因は過剰な皮脂分泌がよく知られていますが、性ホルモンの影響、ストレス、生活習慣の乱れや間違ったスキンケアなど様々な要因で①皮脂分泌が過剰になり、②毛穴がつまり③アクネ菌(ニキビの原因菌としても知られていますが、誰もが持っている皮膚の常在菌です)が増えるやすい環境となるため、増殖することにより毛穴の炎症を引き起こします。①~③を繰り返すことによりクレーター状のニキビ跡(にきび瘢痕)や痛みがひいてもなかなか引かない皮膚の赤み(炎症後の紅斑)ができやすくなります。

ニキビの種類は?

大きく炎症があるかないかで分かれます。炎症のないニキビは毛穴が詰まって白くプツットもりがった状態の「白ニキビ」、白ニキビの状態が繰り返され毛穴がひらき、酸化した皮脂がつまりゴミが貯まったように見える「黒ニキビ」、もう一つは、みた目には普通の皮膚にみえるのに、顕微鏡などで皮膚を観察すると毛穴がつまりはじめている状態(ニキビの赤ちゃん?!)がいる状態を「微小面皰」といいます。一方、ニキビ菌(アクネ菌)などの感染を伴い赤いプツットした時に触れると痛みを伴うニキビを「赤ニキビ」、中に黄色く見える膿がたまったニキビを「黄色ニキビ」となります。また、炎症を伴ったニキビを繰り返しているとクレータ状のニキビ痕「ニキビ瘢痕」、時に、数か月以上続くほんのりした皮膚の赤み「炎症後紅斑」、皮膚の茶色いシミ「炎症後の色素沈着」といった状態も引き起こします。

ニキビの治療は?

前述の全てのニキビにも共通した治療は毛穴の詰まりをとることです。ここ数年で数種類の保険適応の外用剤が登場しています。

保険が適用されるニキビ外用治療薬

  • 外用過酸化ベンゾイル製剤(塗り薬):処方薬名:ベピオゲル®
  • 外用レチノイド(塗り薬)
  • 抗菌薬(塗り薬/飲み薬)
  • 外用過酸化ベンゾイル+レチノイド配合剤(塗り薬):処方薬名エピデュオゲル®
  • 外用過酸化ベンゾイル+抗菌薬配合剤(塗り薬):処方薬名:デュアックゲル
  • 外用イオウ製剤(塗り薬)
  • 漢方薬(飲み薬)
薬について詳しく見る

保険が適用されない治療

ケミカルピーリング

酸などの働きで毛穴につまった角質をはがし、毛穴つまりを改善して、皮膚の正常な生まれ変わりを促進します。詳細はピーリングの項をご参照ください。白ニキビ、黒ニキビや一部の赤ニキビに効果が期待できます。当院では使用目的に応じていくつかの薬剤をご用意しております。

詳しく見る
医療用LED

1800個の医療用LEDが590nmと830nmの2波長のエネルギーを皮膚の深いところまで熱を伝えることにより、コラーゲンの生成やターンオーバーの促進、創傷治癒促進効果、リンパ血流の改善などのさまざな効果が期待される機械ですが、アクネ菌の増殖を抑制する効果も期待されています。施術中はポカポカと温かくて気持ちのいい施術です。

詳しく見る
VbeamⅡ®(Vビーム:色素レーザー)

浅いところにある血管病変の治療に適していると言われています。

詳しく見る
アゼライン酸

塗り薬を当院で購入できます。アゼライン酸は大麦などの麦類や酵母に含まれており、日常的に摂取している成分です。皮脂の分泌抑制や角化の抑制作用および抗菌活性や抗炎症性が知られています。催奇形性がないので妊婦さんにも使用が可能で保険診療で使用する外用剤に比べて刺激感が少ないのが特徴です。

イソトレチノン(ビタミンA誘導体の飲み薬)

ニキビを特に繰り返している方や、長年治らず肌に凹凸がでやすいなど重度な症状の方にはイソトレチノイン(商品名:イソトロイン)が有効です。ビタミンA誘導体で、皮脂分泌や角化異常といった根本的なところを治療する薬剤です。イソトロインの治療は数か月~半年程度継続することをおすすめしています。治療を終了したあともリバウンドが少なくコンディションのいい状態が続きやすいといわれています。なお、イソトレチノインは胎児奇形のリスクから妊娠を希望する方は内服できません。男性も内服中は避妊を徹底する必要があります。日本では保険適応にはなっていないため、こちらも自費になります。

イソトロイン使用上の注意点

治療開始前と治療をはじめて1か月後に血液検査を行います。いずれも自費となります。なお、健康診断の結果などで代用が可能な場合もありますのでご相談ください。副作用に関しては、皮膚の乾燥、皮むけ、催奇形性、肝障害、高脂血症などがあります。治療が行えない方は、妊娠中の方、妊娠疑い・希望の方、授乳中の方、成長期の方、肝障害、テトラサイクリン系薬剤内服中の方などです。注意点としては、内服終了後も半年間は避妊が必要です。内服中および内服終了半年間は献血ができません。

ニキビを治そう
丸の内皮ふ科

〒100-0005
東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル 2F 208

03-6269-9082

クリニック名
医療法人社団躍心会 丸の内皮膚科
(有楽町・日比谷・東京駅が最寄りの皮膚科)
院長
大澤 研子
診療内容
一般皮膚科、アレルギー科、形成外科、美容皮膚科
最寄駅
  • 京葉線 東京駅 出口6 徒歩3分
  • 都営三田線 日比谷線 千代田線 日比谷駅、
    有楽町線 有楽町駅 B4出口 徒歩1分
    ※日比谷線「日比谷駅」、有楽町線「有楽町駅」直結。雨に濡れずに来院できます。
診療時間 日祝
11:00-20:00 - -

火曜日・木曜日は11:00~18:00
休診日:土曜日、日曜日、祝日

03-6269-9082
このページの上へ